共和観光株式会社松本リサイクルセンター さんのプロフィール写真

共和観光株式会社松本リサイクルセンター

分類不能の産業

『私たちは「+1」を追求し、関わる人々を笑顔でつなぎ、活力ある社会つくりに貢献します』の経営理念の下、SDGsの達成に貢献するべく、廃プラスチック類のリサイクルを通して循環型社会の形成に努めます。

また、子供たちのために美しい地球を残すことを、社員全員が共有し活動していきます。

「エコアクション21」の資格を取り、環境保全に貢献する企業として行動しています。



住所
長野県松本市島内6931-87
地域
松本
ホームページ
https://www.kyowa-kanko.co.jp/
主な取組内容
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 14 海の豊かさを守ろう

SDGs達成に向けた経営方針等

当社の経営理念である『私たちは「+1」を追求し、関わる人々を笑顔でつなぎ、活力ある社会づくりに貢献します』のもと、SDGsの達成に貢献するべく、廃プラスチック類のリサイクルを通して循環型社会の形成に努めます。また、子供達のために美しい地球を残すことを、社員全員が共有し活動していきます。

重点的な取組1

内容

事業所内において排出される二酸化炭素(CO2)の削減

2030年に向けた指標

20%の削減(2020年512t→2030年409t)

重点的な取組2

内容

廃プラスチック類のリサイクル(製品化)を推進

2030年に向けた指標

廃棄物製品化50%増(2020年3122t→2030年4683t)

重点的な取組3

内容

PETボトルキャップを回収し、「世界の子供にワクチンを日本委員会」を通しての支援の増加

2030年に向けた指標

継続的な支援50%増(2020年13t→2030年26t)

独自の取組

当社は、廃棄物処理業で、廃プラスチック類(主にペットボトル)のリサイクル(中間処理)を業としています。

SDGsの活動に向けた取り組みとして、事業所内において排出される二酸化炭素(CO2)の削減、廃プラスチック類のリサイクル(製品化)の推進等を実施しています。

また独自の取り組みとして、ペットボトルのキャップを回収して「世界の子供にワクチンを日本委員会」を通しての支援を続けています。



具体的な取組

具体的な取り組み

最終更新日 2022年02月21日

ページの先頭へ

登録企業ログイン