休暇村リトリート安曇野ホテル さんのプロフィール写真

休暇村リトリート安曇野ホテル

宿泊業、飲食サービス業

休暇村は、素晴らしい自然環境の中で事業を行うものとして、環境保全に関する基本理念と取組方針に基づき、自然・地域との継続的な共生を目指した以下の取組みを行っています。また、関係機関や諸団体と連携し、環境保全活動に積極的に参加・協力しています。休暇村は、持続可能な開発目標(SDGs)を認識し、その実現に事業を通じて貢献を図ります。



<環境保全の取組み>

○自然とのふれあいの推進

 多様なプログラム実施による自然体験・学習の場の提供や、地域のエコツーリズムの
推進を図っています。

○環境に配慮した行動

 グリーン購入の推進、廃棄物の発生抑制及びリサイクルに取り組んでいます。

 また、エネルギー使用の合理化、省エネ機器の採用などにより、光熱水の
使用料の節減を図っています。

住所
長野県安曇野市穂高有明7682-4
地域
松本
ホームページ
https://www.qkamura.or.jp/azumino/
Instagram
https://instagram.com/kyukamurahotels?utm_medium=copy_link
主な取組内容
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs達成に向けた経営方針等

弊社の基本理念である「自然とのふれあいの機会の提供」「環境に配慮した行動を進める」「地域への貢献に努める」「持続可能な開発目標(SDGs)に関わる取組を進めていく」は、SDGsの達成と目的を同じくするものであり、職員一人ひとりがそのことを自覚し、それぞれの役割を果たしていくことにより、 SDGsの達成に貢献していきます。

重点的な取組1

内容

プラスチックごみの削減を進める。

2030年に向けた指標

生分解性ストローの導入や梱包資材の見直しをはじめ、現在使用している製品を、環境に配慮した製品へ変更可能なものから順次変更・検討していく。

重点的な取組2

内容

職員の職場環境向上のため、月毎に職場環境向上委員会(仮称)の活動を実施する。

2030年に向けた指標

一般職・中堅職員がそれぞれ月1回職場環境向上委員会(仮称)を実施。社内の良好な労働環境の維持に努めるコミュニケーションの場をつくる。

重点的な取組3

内容

地域資源(食材)を無駄なく、積極的に利用する。

2030年に向けた指標

ダイニングでの地域食材(地産地消)の利用拡大 
(2020年 常時10品目➡2030年常時30品目)

具体的な取組

具体的な取り組み

最終更新日 2022年03月23日

ページの先頭へ

登録企業ログイン