セラテックジャパン株式会社 さんのプロフィール写真

セラテックジャパン株式会社

製造業(非食品)

我が社は「永続的繁栄」を目指し、大自然との「共生と調和」が可能な事業活動の在り方を追求すると共に「顧客本位」の経営基本姿勢を貫き、電子・光学関連の事業を中核として、関連する技術分野に事業を展開し精密加工技術を基盤とするコネクターハブ事業を実現して、人類社会の平和と進歩・発展に貢献します。

住所
長野県長野市篠ノ井岡田500
地域
長野
ホームページ
https://www.crtj.co.jp
主な取組内容
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう

SDGS達成に向けた経営方針等

当社は大自然との共生と調和が可能な事業活動の在り方を追求し、電子・光学関連の事業を通じて人類の平和と進捗・発展に貢献します。併せて全従業員が仕事を通じて相手を思いやり、夢と希望を抱きつつ、活き活きと命を輝かせて生きる為に、全ての利害関係者に対し公平な利益の分配を実現し、全従業員とその家族の物心両面での豊かな人生の実現を目指します。
当社の全てのステークホルダーとの継続的な対話を重視し、社会からの期待や課題に対して積極的に向き合い、企業活動を通じてSDGsの達成に貢献します。

重点的な取組1

内容

労働生産性の向上

2030年に向けた指標

年次有給休暇の取得取
(2018年56.4%→2030年90.0%)

進捗状況

2019年度の取得率83.7%
2020年度の取得率90.8%

重点的な取組2

内容

事業活動で使用するエネルギー使用量の削減

2030年に向けた指標

CO₂排出量20%削減
(2018年825kg/百万円→2030年660kg/百万円)

進捗状況

2019年度、太陽光発電装置を導入した結果610kg/百万円と目標を達成した
2020年度、新型コロナ感染対策で部屋の分散、休憩時間の分散などからエネルギー使用量が増え708kg/百万円と悪化した。

重点的な取組3

内容

身の丈に合った社会貢献を継続する

2030年に向けた指標

近隣小学校への図書の寄贈
(2014年から10,000円分の図書を3校に寄贈を継続中→2030年まで継続)

進捗状況

2019年度は、新型コロナの関係で休校及び接触の機会を減らす対応のため、寄贈できていない。
2020年度は、寄贈を再開し近隣の小学校3校に寄贈した。

独自の取組

私たちは「身の丈に合った社会貢献」を継続します。

・事業活動により排出されるCO2を削減しています。

・小学校への図書の寄贈やサッカースクールのスポンサーなど、明日を担う子供たちのために協力しています。

・義捐金や基金、ボランティア活動など身近な地域支援に協力しています。

具体的な取組

具体的な取り組み

最終更新日 2021年07月05日

ページの先頭へ

登録企業ログイン