株式会社中嶋製作所 さんのプロフィール写真

株式会社中嶋製作所

製造業(非食品)

1.飢餓をゼロに

私たちのお客様は、鶏・豚・牛を飼育する生産者になります。その生産者方々は、私達が食料としている鶏肉・卵・豚肉・牛肉を生産されていて、人手不足が大きな課題となっています。

中嶋製作所の本業は畜産設備機械の取扱っており、農場での自動化・省力化機械を開発することが、SDGs推進すなわち「農業生産者の負担を減らし、食糧生産の効率化」に繋がります。



2.つくる責任つかう責任

2018年4月から自社製品の梱包資材に、環境に負荷をかけない『生分解性プラスチック』を順次採用しています。従来の梱包材に比べ、コストは約3倍ほどかかりますが社員全員でそのコスト分を抑えるため頑張っています。

住所
長野県長野市篠ノ井会33
地域
長野
ホームページ
http://www.nakamatic.co.jp
取組内容
  • 2 飢餓をゼロに
  • 12 つくる責任つかう責任

SDGS達成に向けた経営方針等

弊社の経営理念である「我が社は、創業の精神と先人の築いた信用と伝統を継承しつつ、社会へ貢献する」はSDGsの達成と目的を同じとするものであり、全社一丸となってその認識を共有すると共にSDGsの達成に貢献できるよう取り組んでいきます。

重点的な取組1

内容

事業活動における廃棄物排出量の削減(2019)

2030年に向けた指標

廃棄物排出量20%削減(2019 年51.8t→2030 年41.4t)

進捗状況

廃棄物については残念ながら2020年は80.2tと前年度比154.8%と増加しました。
これは2020年から本格的に始めた5S活動(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を通して、今まで社内で処分できなかった不用品や書類を整理したことで、一時的に増えたものとなります。またDXとしてペーパーレスにも取組んでおり、2021年も一時的に書類の廃棄量が増えと予想されます。
しかし、この取組の定着が今後の廃棄物排出量削減への仕組みとなります。

重点的な取組2

内容

管理職以上の役職者全員に教育研修を実施する(2019)

2030年に向けた指標

管理職以上の教育研修実施100%(2019 年50%→2030 年100%)

進捗状況

2020年度の達成率は83.3%になります。
課長級以上の管理職12名の内、10名が社外で行われる研修・セミナーに参加しました。

重点的な取組3

内容

農業生産者の負担を減らし、食糧生産の効率化(2019)

2030年に向けた指標

豚の飼育に行われる洗浄作業を30%削減(2019 年6 日→2030 年4.2日)

進捗状況

2020年度、洗浄作業の30%削減は100%達成。
当社の洗浄ロボットを導入された御客様は農場規模の違いもありますが、導入された農場は、ほぼ達成されております。

そのため、今後は全国への普及率30%を目標としていきます。
全国の養豚生産者は4,320戸(2020年)あり内30%として、洗浄ロボット1,300台(累計台数)とします。(2020年累計50台→2030年累計1,300台)
2020年度普及率は1.2%(50台/4,320戸)

独自の取組

令和2年5月には、陸の豊かさと水資源の維持のため、戸隠の国有林(1.2ヘクタール)に保安林として3,000本を植樹しました。

具体的な取組

具体的な取り組み

最終更新日 2021年01月20日

ページの先頭へ

登録企業ログイン