ICS-net株式会社 さんのプロフィール写真

ICS-net株式会社

卸売業・小売業

「食」に携わる企業として社会の為に何が必要か、どのように生きていくかを真剣に考え、お客様と共に会社も個人も成長し続け、社会に貢献していきます。



私達ICS-net株式会社は「世界の食品流通をRe-designする」を目標に事業を展開しております。

食品原料の輸入販売卸事業や食品原料WEBプラットフォームを通じて、多くの食品メーカーをつなぐ、大事な役目を担っております。

私達の事業において「SDGs(持続可能な開発目標)」を設定し、その理念の下に企業活動を行うことで、食品業界で働く人々にも広く啓蒙していききたいと考えています。

住所
長野県長野市南石堂町1972 エスタシオン1F
地域
長野
ホームページ
https://www.ics-net.com
Facebook
https://www.facebook.com/shareshima
Twitter
https://twitter.com/Web40677709
主な取組内容
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12 つくる責任つかう責任

SDGs達成に向けた経営方針等

当社の経営方針にある「限りある資源を有効活用します」は、SDGsの達成と目的を同じくするものであり、社員一人ひとりがその事を自覚し、それぞれの役割を果たしていく事により、SDGsの達成に貢献していきます 。

重点的な取組1

内容

シェアシマの中に、食ロスモールの専用モールを2022年8月に開設、食品工場、メーカー、卸業者の余剰在庫の商品、原料を集め、シェアシマ会員である1800社の食品メーカーの開発や調達担当へ発信、案内
余剰在庫の有効再利用を促進し、食品原料ロスの削減及び各社余剰在庫のキャッシュ収入により、社会的インパクトを与える

2030年に向けた指標

日本での食品工業における廃棄率30%減(2019年 300万t⇒2030年200万t)

進捗状況

WEBサイト「シェアシマ」の会員数は2021年12月時点で1800社に達成、現在毎月100人の新規会員が増えている、会員増加により過剰在庫の売買の活発化を狙う、また2020年4月ー7日余剰在庫の食品原料を1トンシェアシマ内で転売する事ができた

重点的な取組2

内容

環境に配慮した製品を食品メーカーに向けて推進していく、バイオ系プラスチックの食品トレーを輸入し、取引先へ販売

2030年に向けた指標

弊社取扱、包材資材を2030年に、50%環境配慮型に変更する

進捗状況

弊社包装資材の取扱量について、バイオ系プラスチック、クラフト紙包装袋の新規提案で数社と取組中

重点的な取組3

内容

地域資源を有効活用し、地産外商に務める(2019年)

2030年に向けた指標

長野県地産地消、地産外消モデルを立ち上げ、規格外の野菜などの一次産業品のミールキットを商品化、ECサイトでの販売に達成

進捗状況

高知県の余剰原料を利用して、エシカル商品の開発、販売といった地産地消モデルプロジェクトに参加、該当プロジェクトは発動し、商品開発を検討段階に進んだ、シェアシマ内のウェビナーにも高知県技術センターの先生が登壇し、地方の商品開発のヒントとしてご講演をいただきました。

独自の取組

業界初の食品原料BtoB-WEBマッチングサービス【https://shareshima.com/】

「シェアシマ」を通しての取り組み

働き方改革の促進、効率化による経済成長を目指す。

食品産業の発展を推進。

廃棄ロスの削減や安心安全な商品の供給や情報を発信する。

水産加工品のロスの削減。

農産加工品のロスの削減。

「シェアシマ」会員とともに食品メーカーを巻き込んで目標を達成する。

具体的な取組

具体的な取り組み

最終更新日 2022年02月03日

ページの先頭へ

登録企業ログイン