信和建設株式会社 さんのプロフィール写真

信和建設株式会社

建設業

地球全体の淡水資源は塩水を含めた水全体のわずか2.5%だといいます。 そして、その3分の2は、氷河や雪などで利用不可能。 地表の動きにより生ずる雨、地下水などから利用できる淡水はごく限られた資源です。本来1適も無駄にはできない水資源。 身近な生活、地球規模への視野、次世代への視野、とより良い水のマネジメントが必要とされるという意識でライフライン構築の事業活動をしています。



 。

住所
長野県長野市大字北長池1639番地6
地域
長野
主な取組内容
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 6 安全な水とトイレを世界中に

SDGs達成に向けた経営方針等

弊社の経営理念である「皆さまの快適な生活への継続的な貢献」は、「すべての人が幸せを感じられる社会の実現」というSDGsの達成と目的を同じくするものであり、社員一人ひとりがそのことを自覚し、それぞれの役割を果たしていくことにより、SDGsの達成に貢献していきます。

重点的な取組1

内容

本社事務所、工事現場の活動において排出されるCO2排出量削減(2019)

2030年に向けた指標

CO2排出量の5%削減(2019  ⇒ 2030 )

進捗状況

各部門で年1回CO2排出量の測定、マネジメントレビューを行う。営業・総務部門 1%削減(2020-2021)

2021年10月にCO2排出量の集計を行い、同月マネジメントレビューを行った。 結果はEA21の環境経営レポートにて公表。 営業・総務部門は20%増と未達成。 売上増加と営業活動が連動している。 売上とCO2排出量のパフォーマンスでは前年比16ポイント低く、パフォーマンスが良かった。

重点的な取組2

内容

女性管理職比率の引き上げ(2019)

2030年に向けた指標

女性管理職比率を1人増加(2019 0人⇒ 2030 1人)

進捗状況

管理職のイメージを具体化させるため、女性管理職事例を学んだ。

重点的な取組3

内容

廃棄物の管理及び処理を適切に行う(2019)

2030年に向けた指標

企業全体のリサイクル率の向上(2019 95%⇒2030 99%)

進捗状況

本社事務所内でのリサイクル率の向上を目指し、紙類の焼却率を1%削減する(2020⇒2021)

2019年比較で8%削減。

具体的な取組

具体的な取り組み

最終更新日 2022年01月25日

ページの先頭へ

登録企業ログイン