有限会社ヤマカ木材 さんのプロフィール写真

有限会社ヤマカ木材

林業

当社は日本では珍しくなった架線系システムを使った森林整備を行っています。

森林は水と空気を生み出す生活の基盤です。

間伐遅れによる森林の荒廃が進まぬよう、技術力を高め、競争力のある林業を目指します。



当社が位置する木曽谷南部はかなり急峻な地形であり、全国的に主流で生産性が高いといわれる「車輛系システム」がほぼ使用できません。

代わりに使用される「架線系システム」は現在採用している地域が少なく、習得に時間のかかる難しい技術です。

現在森林整備が遅れている場所は「架線系システム」が必要になるような条件の厳しい山奥であることが多いです。

我々は、この「架線系システム」の改良を行うことで今まで森林整備を行いにくかった地域の森林環境を改善する道筋を探そうとしています。

住所
長野県木曽郡南木曽町読書2435-2
地域
木曽
主な取組内容
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう

SDGs達成に向けた経営方針等

当社を含む勝野木材グループの経営理念として「持続可能な森林経営を通じて、【社会貢献】し続ける企業を目指すと同時に、全社員の幸せを実現する。」を掲げており、それはSDGsの理念と重なる部分が大きい。SDGsの枠組みを利用することにより、社員の知識・価値観を高め、持続可能な社会により一層貢献していくことを目指す。

重点的な取組1

内容

持続的な森林整備を通じて地域及び下流域の生活環境と水資源を守る
また、持続可能な資源である木材の利用を推進するため、市場に原木を安定的に供給する。

2030年に向けた指標

年間の間伐量100ha以上を維持する
環境負荷を生じない施業方法で、木材生産量年間25,000㎥を目指す。
現状、国有林の施業が主体であるところ、民有林への参入を検討し、より幅広い森林整備能力の獲得を目指す。

進捗状況

令和2年度の間伐事業量165.95ha、生産量20,000㎥程度を実施。
間伐量を維持することができているが、高齢化等による人員の減の影響があり、
従業員一人当たりの業務負荷が増大している。
従業員への負荷を低減し、安全確保と技術力の向上が必要となっている。

重点的な取組2

内容

若手社員を積極的に雇用し、地域の高齢化緩和に貢献する

2030年に向けた指標

40歳未満の新入社員を3名雇用する

進捗状況

共同就職説明会などを利用した採用を検討していたが、
Covid-19感染症の影響により延期となり、現在準備中の状態である。

重点的な取組3

内容

生産性を向上するための新しい技術を開発し、地域林業の競争力向上に貢献する

2030年に向けた指標

架線集材技術を改良し、年間生産量を5000㎥増加させる

進捗状況

安全確保と生産性向上のために大型トラックタワーヤーダの導入を決定。今年度納入予定。

具体的な取組

具体的な取り組み

最終更新日 2021年10月06日

ページの先頭へ

登録企業ログイン