株式会社JVCケンウッド長野 さんのプロフィール写真

株式会社JVCケンウッド長野

製造業(非食品)

感動と安心を世界の人々へ「顧客価値創造企業」として、持続型社会の実現に貢献してまいります。



JVCケンウッドグループは、企業ビジョン「感動と安心を世界の人々へ」に基づき、事業を通じてあらゆるステークホルダーの期待に応えていくことが重要だと考えます。社会から信頼され、社会に貢献する企業であり続けることは、企業としての持続的な成長にもつながります。



JVCケンウッドグループは、事業を通じて企業と社会のサステナビリティを推進すべく、さまざまな社会課題を解決する商品やサービスを生み出し続けることに尽力しています。お客さまだけでなく、当社が関わるすべてのステークホルダーと深い信頼関係を築きながら、事業を通じた社会課題の解決に取り組むことで、持続的な企業価値の向上と社会への貢献を図っていきます。

住所
長野県伊那市西箕輪2676-1
地域
上伊那
ホームページ
https://nagano.jvckenwood.com/
主な取組内容
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 12 つくる責任つかう責任

SDGs達成に向けた経営方針等

弊社の企業ビジョンである「感動と安心を世界の人々へ」はSDGsの達成と同じ目的を同じくするものであり、経営方針「ものづくりを通じた新たな価値の創造」「変化ある未来に立ち向かう企業風土の構築」「イノベーションを実現する人材の育成と組織能力の強化」は顧客価値創造企業として、持続型社会の実現に貢献します。

重点的な取組1

内容

・エネルギー使用量 重油のCo2t排出量削減
2020年度比(重油)100%削減

2030年に向けた指標

2023年度までにボイラー全廃
(2020年度224.0/Co2t⇒ 2023年度 0.0/Co2t
ボイラー・重油タンク撤廃

進捗状況

2022年度3月~12月にかけて順次、空調設備更新のための工事実施中。
予定通り、ボイラー及び地下重油タンクの使用停止(設備は残置)する。

重点的な取組2

内容

・エネルギー使用量 電気(照明)のCo2t排出量削減
2020年度比照明(Co2)40%削減

2030年に向けた指標

2030年度までに工場内蛍光灯残り約1,000本蛍光灯→LED照明へ
(2020年度7.3/Co2t⇒ 2030年度 4.4/Co2t
蛍光灯の廃止 水銀の使用廃止

進捗状況

2022年度に蛍光灯をLEDにする予定でしたが、本件の設備投資及び経費執行凍結(延期)により、2023年度以降の工事となった。
ただし、水銀灯に関しては2022年度9月までにLED化実施。

重点的な取組3

内容

・廃棄物排出削減 2020年度比10%削減
(原単位を売上加工高[百万円]とする)

2030年に向けた指標

2022年度指標を修正(計算違いの為)
2020 57.9t/売上加工高    ⇒ 2020年度 0.12t/百万円(売上加工高)
2030年度 52.11t/売上加工高  ⇒ 2030年度 0.11t/百万円(売上加工高)
へ修正。 
1.0%/年 削減予定

進捗状況

2021年度実績:0.19t/百万円(売上加工高)となった。
要因は、新型コロナの影響で休業が続き、原単位の伸びが無かった為。

2022年度は増産予定となるため、絶対値での排出物は多くなる。

重点的な取組4

内容

・地域貢献活動の推進

2030年に向けた指標

地域貢献活動
活動開催時の参加率100%

進捗状況

新型コロナの影響で様々な地域貢献活動が停滞している中、地域ぐるみ且つ個人でできる
1.「春・夏の環境一斉行動週間」に参加。
 4回/年(四季)を通じて、簡単にできる活動を実施。毎回20名ほどの参加がある。
  ★行動内容
   ①エコドライブ ②マイボトルで水分補給 ③ライトダウン ④食品ロスの低減 ⑤その他
    1週間で何が何日できたか?を集計。

2.中学生職場体験学習の受け入れ実施。

具体的な取組

具体的な取り組み

最終更新日 2022年08月02日

ページの先頭へ

登録企業ログイン