株式会社JOURO さんのプロフィール写真

株式会社JOURO

サービス業(ほかに分類されないもの)

SDGsを推進することは今の時代を生きている私たちの使命だと考えています。JOUROの基本理念にSDGs推進を据え置き、自分が生まれた時よりもより良い社会を未来に残せるよう貢献します。

住所
長野県千曲市新山386
地域
北信
ホームページ
https://www.jouro.jp/
主な取組内容
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 12 つくる責任つかう責任

SDGs達成に向けた経営方針等

私たち株式会社JOUROはSDGsの理念に強く共感するとともに、専門領域であるフラワービジネスにおいて社会課題の解決につながる商品またはサービスの開発提供に努めます。

重点的な取組1

内容

「HANAMUKE」の普及(お花の過剰装飾抑制、廃棄軽減、資材の抑制)

2030年に向けた指標

全国15000店舗ある花屋の内、20%の導入を達成します

進捗状況

2022年7月に「HANAMUKE for biz」というプラットフォームサービスを開発&公開。コンセプトとして関わる人と環境にやさしいフラワーギフトプラットフォームを掲げています。花贈りの選択肢の1つとして定着させていくためにプラットフォーム化を実現しました。
https://hanamuke.jp/

重点的な取組2

内容

エシカルポット開発(廃棄されるだけの茎を活用した商品開発)

2030年に向けた指標

廃棄ゴミ(茎)を100t削減します

進捗状況

2022年6月からSTEMNプロジェクトの第1弾として器の販売をスタートしました。
https://www.stemn.jp/
まず初回製造で削減できた廃棄される茎は73.6kgです。

重点的な取組3

内容

シングルマザー支援(シングルマザーへお花をお届け)

2030年に向けた指標

支援団体を通じてシングルマザーの皆さんにお花をお届けします

進捗状況

継続的な活動にしていくために、HANAMUKE for bizとの連携を考えています。HANAMUKE for bizでお預かりした資金の2%を寄付することを決定したので、寄付先の1つとして検討しています。

独自の取組

花と緑に関わるお仕事をさせていただいている中で、残念ながらお祝いのシーンにおいて花と緑が大切に扱われていないことが表面化してきました。弊社では「HANAMUKE」というサービスを通じて過剰なお花の装飾抑制・ゴミの低減・廃棄の低減・お花の管理コストの低減などに努めています。またこのサービスの普及を通じて「つくる責任つかう責任」を果たすべく活動しております。



また現在プロジェクト進行中ですが、廃棄されるお花の茎を活用したエシカル商品の開発を進めております。

具体的な取組

具体的な取り組み

最終更新日 2022年08月02日

ページの先頭へ

登録企業ログイン