合同会社きざし さんのプロフィール写真

合同会社きざし

複合サービス事業

きざしステーションでは地域の発展を、飲食を通じ、また地元の商品や資源を提案することを通じて、持続可能な社会、人とのつながりを切らさない場所づくりを目指します。

住所
長野県富士見町富士見3308番
地域
諏訪
ホームページ
https://kizashi-station.com/concept/
Facebook
https://www.facebook.com/kizashistation
Instagram
https://www.instagram.com/kizashistationfujimi/
主な取組内容
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

SDGS達成に向けた経営方針等

地球規模の課題を解決する糸口は、我々の日々の暮らしの日常からだと考えます。 地域活性化、賑わいの創出を目指す弊社では、地元の環境や地元の自然にダメージを与えないことを第一義とし、富士見町を訪れる方々や地元の皆さんの見本となるべく目標を掲げ行動していきます。

重点的な取組1

内容

地産地消、無駄のない仕入れと消費、地元での加工、輸送コスト0などの省略化

2030年に向けた指標

ゴミの排出削減

進捗状況

地域に根差し生産者の顔の見える商品と、安心安全な生産・消費システムを大事にしていく。

重点的な取組2

内容

地元生産者とともに、環境に配慮した生産品と商品を育て作る。

2030年に向けた指標

市場に出せないものを加工して商品化する。
2019 60%2030 95%

進捗状況

農薬の少ない環境・ハネ物品の加工による商品化、を意識して事業に取り組みます。

重点的な取組3

内容

容器の脱プラスチック再利用素材や木材を使用し、また再利用を心掛ける

2030年に向けた指標

プラゴミ削減による環境保護プラカップ、プラスプーン→木材、再利用品

進捗状況

環境に負荷をかけることなく自然に戻る素材を使用し、脱プラスチックに積極的に取り組んでいます。

独自の取組

・小さな企業ですがCLIMATE CHANGE(気候変動)に挑戦し、責任を持つ事を理念とします。

・『かき氷』を通じて水を大切にすることはもちろんのこと、山地、森林、河川、海などの水に関する 環境・生態系を意識して事業に取り組みます。

・可能な限り食物の地産地消を目指し、物販にかかるCo2削減を考えます。

・地元食材、野菜・くだものなどを愛し、誇りをもって活用し関連企業を応援します。

・地産地消により無駄をなくし、食物の食品ロスの軽減を考えます。

・グローバルギャップ作物の生産に取り組む地元富士見高校のトマト、他の野菜の活用や販売の応援をします。

・駅前の立地を活かし、多くの方々が集い使える場所を目指します。

・環境に負荷をかけることなく自然に戻る素材を使用し、可能な限り脱プラスチックに積極的に取り組んでいます。

・地域事業者との関りを深くし、自社だけではなく地域の中で一体となって目標を読み解く活動を提案し、実行していきます。

・持続可能な経済成長、社会貢献についての可能性を探り、企業内努力を続けていきます。

具体的な取組

具体的な取り組み

最終更新日 2021年11月02日

ページの先頭へ

登録企業ログイン