霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル さんのプロフィール写真

霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル

宿泊業、飲食サービス業

私たちは、長和町の長門牧場から美ケ原高原までの町境38kmのトレッキングコース「霧ケ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル」を管理運営しています。この事業を通じて豊かな自然環境の保全に努め、ハイカーの健康と健全な心を育む取り組みを理念としてSDGs15の精神に向けて精進しています。

その具現化に向け、トレッキングを手軽に楽しむことが出来る協賛宿泊施設/トレイルゲストハウス/を創設してトレッカーと交流して自然環境の保護・保全の価値観の理念を共有してパートナーシップのSDGsの精神を醸成しています。

住所
長野県小県郡長和町大門3518-2253
地域
上田
ホームページ
http//www.c-trail.com
Facebook
https://www.facebook.com/nagawatrail/posts/6331744243566070
主な取組内容
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs達成に向けた経営方針等

私たちは、長和町の長門牧場から美ケ原高原までの町境38㎞のトレッキングコース「霧ケ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル」を管理・運営しています。この事業を通じて豊かな自然環境の保全に努め、ハイカーの健康と健全な心を育む取り組みを理念としてSDGs15の精神に向け精進しています。
その具現化に向け、トレッキングを手軽に楽しむ協賛宿泊施設トレイルゲストハウスを創設しトレッカーと交流し理念・価値観を共有して、SDGs⒘の精神を目標に管理・運営を推進していきます。

重点的な取組1

内容

林野における動植物の健全な生育環境を監視し自然との共生を育むエコツーリズムを実践する。

2030年に向けた指標

貴重な植物の獣害に着目し保護育成の手段、対策を掲げます。

重点的な取組2

内容

自然環境、歴史遺産、動植物と出会い、学び。知り。親しむ。を理念の「歩く旅の文化」を醸成します。

2030年に向けた指標

案内人の育成及び会員の意識を高めるための学習を拡充します。

重点的な取組3

内容

トレイルの自然環境を活かした山岳観光を推進してSDGs達成のための経済基盤を築きます。

2030年に向けた指標

ツアーの企画、スポーツイベントの開催等を通じ経営資金の確保。

独自の取組

林野における動植物の健全な生育環境を監視し自然との共生を育むエコツーリズムを実践している。

また、自然環境、歴史遺産、動植物との出会いを通じて、学ぶ。知る。親しむ。を理念とした「歩く旅の文化」醸成に向けた取り組みをしています。

トレイルルート及びそれを取り巻く歩くルートをサブコースとして手軽に楽しんで戴くために霧ケ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイルのGATEWAYとしてゲストハウスビレッジと想定した経済環境を醸成してSDGs達成のための経済基盤を築いています。

具体的な取組

具体的な取り組み

最終更新日 2021年11月16日

ページの先頭へ

登録企業ログイン